2010年12月08日

ミステリーの話

発売中のミステリーブラン1月号
「ミステリーへの招待状」のコーナーで
京極夏彦の「姑獲鳥の夏」を渾身(?)のイラストを付けて
紹介させていただきました。
世間は冬だというのに夏の話で恐縮ですが
読書のご参考になれば。
映画も良かったですが小説は登場人物の描写が楽しいですね〜。
続編の「魍魎の匣」までは読んだのですが
「狂骨の夢」がまだ机の上に積んだままです…正月に読もう。
posted by pon at 18:03| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。